排便は回数よりも内容重視、スムーズな排便が目標

ともかく、数日間にわたって排便がなく、そのうえ便が硬くて出すときに苦痛を感じるという状態が「便秘」ということになります。便秘の解釈は個人個人違う場合が多いです。「3日出なくても4日目に出ればよし」としている人もいれば、1日出なかっただけで便秘だとストレスになる人もいます。

ちなみに「便が硬い」というのは曖昧な表現ですが、厳密に言うと、便が含んでいる水分が7割以下になった状態のことを言います。

要するに、排便の回数だけで便秘かどうか判断するべきでほない、ということです。回数や量というのは、食事の量や質によっても違ってくるものです。あまり食事をしなければ、排便が2~3日に1回ぐらいのペースになることもあるわけですが、こういう場合、医学的にほ便秘とは呼びません。

判断材料として重要なのは、むしろ便の硬さや排便時に苦痛があるかどうかという点です。たとえ3日に1回の排便でも、まったく苦痛がなく、便の硬さもふつうであれば、医学的な意味では便秘ということにはなりません。

反対に、毎日きちんと排便があっても、硬くて出すのに苦労するという場合は、医学的には便秘だということになるわけです。

ただし、医学的に厳密な意味で便秘とはいえなくても、規則正しく排便がないというのは、やはり健康な状態とはいえません。

たとえば、毎日ふつうに朝、昼、夜の3度の食事をしているのに、排便が3日に1回しかないのであれば、「入る」ばかりで「出る」はうが少ないので、お腹が苦しくなります。

便秘を「毎日規則的に排便がない」という程度が「便秘」なのです。

スムーズな排便のための「カイテキオリゴ」