おなら対策

出物腫れ物ところ嫌わず、の代表格の「おなら」。一体おならって何なのでしょうか?おならの正体は、実はその7割が「飲み込んだ空気″」です。そして2割が血液から腸管内に拡散したガス、残りの1割は腸内細菌が食べ物を分解した際に発生するガスです。

またおならの量は、食べ物や体調、消化液の量などにもより個人差がありますが、一般的には1日のおならの量は500~2000mlほど、回数は5〜20回程度です。

またおならの主成分は、飲み込んだ空気ですからその成分は、窒素、水素、炭酸ガス、酸素といった無臭のガスで、臭いはそんなにありません。おならの大部分は空気なのですが、これは炭酸飲料の摂取や早食いによる、口から飲み込む空気が原因です。お腹のガスは誰にでも存在するのです。

さらに臭いに関しては、肉やねぎ類などの硫黄の多い食べ物が体内で分解される際に発生するガスや、ストレスなどによって腸内に悪玉菌が増殖し、溜まったタンパク質の腐敗が原因です。

おならの臭いを抑えるためには、栄養バランスの取れた食事をよく噛んでゆっくりと摂り、腹八分目を心がけることが大切です。
そしておならと停滞腸と便秘の関係についていいますと、まず便秘の方は、腸に老廃物を溜め込んでいるわけですから、腸内に悪玉菌が増え、インドールやスカトールといった有害物質やガスが溜まった状態になります。その溜まったガスのために下腹がポッコリの状態になり、そのガスが溜まった分だけおならが頻繁に出るわけです。

また有害物質が腸に増えた悪玉菌に影響して、きつい臭いになってしまう傾向にあるのです。普通の人でもお腹のガスは毎日約2Lはど排出されます。しかしガスが溜まる症状が出ている人は、多い人ではガスの量が4Lにもなっているケースがあるのです。

もともとガスは臭いがそれはどありませんが、前述した理由により、ひどい停滞腸の人はど腐敗臭に似た臭いになってしまうのです。おなかに溜まったガスの逃げ場はおならとして出すしかなく、我慢すると身体によくありません。また我慢を繰り返していると日常的に腹部の膨満感に陥ります。

たかがおなら、されどおならという感じですが、便同様に自分のおならにも注意してみてください。そこには、早食い、食生活、便秘、悪玉菌の増加などなど、腸寿の敵とも呼びたい意外な情報がたくさん含まれているのです。

便秘が習慣化している人のうんちもおならも臭くなるのが一般的です。まずは、イサゴールで便秘を解消しましょう。