専門家は、ここ30年ほどの間に、日本人の腸がこれまでになかったストレスを抱えてしまっているといいます。
大げさに言えば、日本人の腸に異変が生じているのです。これは、「大腸ガン」が急増していることが証明しています。
これまでは、日本人には珍しいがんの種類でしたが、1980年頃から急激に増え始めました。

それまでに日本人で多かった「胃ガン」は、死亡率が減少傾向にあり、それに対して大腸ガンによる死亡数はどんどん増えているのです。
また、これと比例するようにアレルギー、花粉症などの免疫疾患が増えています。

便秘や過敏性腸症候群などの病気は、まさに現代病といってもいいでしょう。
腸は、自律神経とぜん動運動が深く関連していたり、心身共にとても重要な器官です。

ただの便秘、ストレスによる下痢に潜む危険性なども紹介しています。3人に1人が腸のストレスを感じている時代、腸へのストレスを少しでも軽減する方法を紹介していきたいと思います。