腸の基本機能「消化」「吸収」「排泄」

腸の健康を考える場合、まず腸の機能を知っておくことは最低限必要です。人間の腸は、口から肛門まで続く長い管状の消化器の一部です。長さは、7~9 mで、広げるとテニスコート1面分もの表面積になります。

腸は、「小腸」と「大腸」に大きく分かれます。胃から続くのが小腸、その小腸から続くのが大腸です。小腸は、さらに胃から近い順に、十二指腸、空腸、回腸に区分されます。それに続く大腸は、肛門に向かって、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸と続きます。

人体での腸の主な役割は「消化」「吸収」「排泄」の3つです。これらが、どのようなルートで行われるかというと、まず口から摂った食べ物は、唾液とともに噛み砕かれ、食道を通って、胃に入ります。胃では胃液によって消化されてかゆ状になり、それが十二指腸に送られます。そこで胆汁や膵臓の消化液などによって、さらに消化され、分解。1食分の食べ物が胃と十二指腸を通過するのにかかる時間は二四時間です。そこから空腸、断腸に運ばれて、さらなる消化と栄養素の吸収が行われます。そこで残ったかすは、どろどろの液体状です。

それが小腸(水分の約90% は小腸で再吸収)と最終的に結腸で水分を吸収され、固形の便になるのです。一般的に18時間以上かけて、結腸を通過します。そして直腸に押し出される時点では、完全に便になっており、さらに便が直腸に移行すると便意が起こり、肛門から排泄されるのです。

さらに腸には、他にも知られざる働きがあります。デトックス(排毒)療法の第一人者でおある大森隆史医師によれば、水銀などの有毒金属や有害化物質、老廃物を合わせた毒素のうち、75%が便として排出されるといいます。

ちなみに残り20% が尿、汗3 % 、さらに1%が毛髪と爪だということです。腸というのは、人体のデトックス機能も担っているということなのです。

この場合の毒素とは、体外から侵入する食品添加物や残留農薬、汚染物質など。そして腸内でこれらの毒素が集まり、ときに相互作用を起こしながら有毒物質や有毒ガス、活性酸素などを溜め込んでいくのです。腸がきちんと機能していなければ、栄養素の消化・吸収がうまくいかないだけではなく、体内に毒素が溜まり、老廃物の排泄も滞ります。そして腸の健康からは遠くなり、免疫力や美容にも大きく影響していくのです。

食物繊維で便秘が改善しないのならラフィノース