加齢により腸内細菌は変化する 若返りにフローラの乳酸菌発酵エキス

私たちの腸の免疫機能は全身の免疫機能と大きく関係していますが、大腸と小腸では、免疫機能の役割が異なっています。では、大腸と小腸の老化によって免疫機能にどういう変化があるのかを見てみましょう。

まず、私たちの腸の中(おもに大腸)には、さまざまな種類の細菌が存在しています。これらは腸内細菌と呼ばれていて、個々の菌が集まって複雑な微生物の生態系を構築しています。簡単にいうと、さまざまな腸内細菌がお互いに影響し合って腸内に存在しているということです。そして、この生態系を腸内細菌叢、または腸内フローラと呼んでいます。

腸内フローラは、私たちの身体に対しさまざまな影響を与えます。病原菌の撃退や免疫の活性化、ビタミンの産生などは、人間の身体にとって良い影響を与えてくれます。しかし、一方では、老廃物を生み出したり、発ガン性物質の原因物質となったり、腸の病気に関与しているともいわれます。つまり、善玉菌と悪玉菌のバランスを保つことが、若くて健康な腸をサポートすることになります。

大腸の腸内細菌の構成は、食習慣や年齢などによってひとりひとり異なります。しかし、加齢によって腸内フローラの機能は低下します。これは、腸内細菌の微生物生態系に変化があらわれるということです。これによって、身体全体の免疫機能が低下するという事態も予測されます。

では、消化管の免疫の中枢と位置づけられている小腸の老化についてはどうでしょうか。少し難しくなりますが、消化管免疫(腸管免疫)の老化は、イコール腸管関連リンパ組織の老化となります。マウスでおこなった実験では、この腸管関連リンパ組織も加齢によって機能が低下することがわかっているそうです。全身のリンパ球の60パーセント以上が腸に集中しています。つまり、このリンパ球の集まりが腸の免疫をつかさどっているため、小腸の加齢も全身の免疫機能の低下に関係してくるのです。

加齢による腸の老化は、免疫に関連したさまざまな病気の要因になります。しかし、実年齢と腸年齢は一致するものではありません。

腸年齢には個人差がありますが、その差はどこから生まれるのでしょう?それには、食生活などのライフスタイルが大きく影響しています。実年齢ではなく、腸年齢で腸の健康が決まるのです。腸の状態がその人の健康を左右することを理解しておきましょう。

腸内フローラのバランスを整え若くて健康な腸を保つには、フローラ健康科学研究所の『善玉元気』。メディアでも取り上げられたことで話題の短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)が主成分の、善玉菌からつくられたサプリメントです。
善玉元気 フローラ健康科学研究所の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス | 便秘を解消しよう!
https://benpi-guide.net/contents/archives/2863