Category腸ストレスを改善する生活習慣

長寿者の腸を調べてわかった!腸の若さを保つのは食後の昼寝

副交感神経が優位のリラックス状態が二重丸

昔からよく、食べてすぐに横になって寝ると「牛になる」とか、「行儀が悪い」といわれてきました。ところが、「たけしの家庭の医学」(テレビ朝日系列)という番組では、大変興味深い内容が紹介されていました。それが、「昼食後の昼寝は健康長寿の秘訣だ」ということです。

その番組では、107歳になる、あるおばあさんを紹介していました。普通、年を取ると腸内の代謝が低下するので善玉菌が育ちにくくなり、腸内環境が悪化しがちです。それなのにこのおばあさんは驚くほど若々しい腸内環境を維持していました。

このかたは、昼食後の1時間の昼寝が日課だというのです。食後の昼寝は、健康にいいのでしょうか。消化器専門医の私から見ると、非常にいいことと考えられます。まず、最初の理由は、血液の働きを考えた場合です。食事をしたあと、血液は消化吸収の働きをサポートするために、胃腸に集まります。

ところが、食べてすぐに運動や仕事などの活動を始めると、手足の筋肉や脳に血液が集まり、胃腸に血液がいかなくなってしまうのです。すると、消化に時間がかかり、消化不良を招きます。

この点から、「食休み」は、とても大切なことといえるのです。次に、昼寝をすることが、腸内環境をよくすると考えられるからです。私たちの内臓は、意志とは関係なしに働く自律神経が支配しています。自律神経は、交感神経と副交感神経が、アクセルとブレーキのように括抗して働いています。そもそも腸は、副交感神経が優位になると動きだし、逆に交感神経が優位になると動きを止めます。

つまり、昼寝は完全に全身リラックス状態なので、副交感神経が優位になり、腸の動きがよくなるわけです。

ぬかみそ同様に毎日こねることが大事

それでは、腸が動くとは、どういうことでしょう。腸が動くとは、ぜん動運動が起こっている状態です。ぜん動運動は、腹の内容物を肛門に向かって押し出す動きです。しかし、それとかくはんとともに、腹の内容物を撹拌する動きでもあります。この撹拝が非常に重要です。

腸の中には、100兆個といわれるほど、多くの腸内細菌が棲息しています。腸内細菌は、人が消化できない栄養分を分解して吸収できるようにしたり、たんぱく質やビタミンなどの栄養素の合成にかかわったり、私たちの体に不可欠な働きをしているのです。

ちなみに、腸内細菌をすべて集めると1kgにもなり、排出される便の固形成分の3分の1は腸内細菌の死骸といわれています。

便として出ていく量も多いので、健康を保つためには、新たに腸内細菌をふやしていかないといけません。その腸内細菌は、食べ物として摂取した栄養物と細菌がよく混ざらないと、発酵が進まず、増殖できません。

ぬかみそと同じ原理です。そこで、リラックスをしてぜん動運動を起こし、栄養物と細菌がよく撹拝されるようにすることが必要なのです。これにより、腸内で発酵が進み、腸内細菌が活性化します。こうした観点から、お昼を食べたあとに昼寝をすると、腸内環境がよくなり、健康増進に役立つのです。

食後の昼寝は、腸内環境を改善するための、ゴールデンタイムといってもいいでしょう。ただし、食後に胸やけがある人は、食後の昼寝は注意してください。胸やけを起こす人は、胃酸が食道に逆流している可能性があります。

食後、胃酸が活発に出ているときに横になると、逆流して食道にくる危険が高まるからです。胸やけを起こす人は、食後に横にならず、座ったまましばらく安静にする時間を確保しましょう。

ところで、107歳のおばあさんの食生活は、いろいろと多彩な食品を食べるというものでした。そのため、栄養バランスもよく、それもあって腸内環境の若さが保たれていたのでしょう。ちなみに、腸内環境を良好に保つうえで、便秘や下痢は大敵です。便秘が続くというのは、腸のぜん動運動が不活発な証拠ですし、下痢をすると、発酵して生成された腸内細菌が、働く問もなくすぐに排出されてしまうからです。

便秘にならないためには、とにかく朝起きたら、水なり食べ物なりを胃に入れる習慣をつけるといいでしょう。すると、胃にものが入った刺激が大腸に伝わり、大腸が動きだします。これを胃結腸反射といいます。そして、S状結腸にたまっていた便が直腸に落ちることで、便意を感じるのです。いろいろなものを食べて栄養バランスをよくし、食後はゆつたりと食休みをして腸内環境を整えることが、健康長寿につながるでしょう。

どうしても自力で排泄できない頑固な便秘持ちの人は特定保健用食品のイサゴールがおすすめです。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスがよく自然な排便が可能です。ゆるくなりすぎた場合は量を減らすだけで調整可能です。

アロマテラピー

アロマテラピーは、植物の芳香物質に含まれる薬効成分を抽出した精油(エッセンシャルオイル、アロマオイル)を鼻や皮膚から取り入れて、さまざまな症状を改善させたり、便秘を解消したりする方法です。

精油の芳香成分は、鼻から吸収され、香りを認識する嗅神経細胞から大脳の視床下部に送られます。
「アロマでリラックスできた」「気分が落ち着いた」「元気が出た」というのは、精油の有効成分が脳にダイレクトに作用した証拠です。

また、精油を鼻から吸収すると、有効成分が鼻から気管支→肺へと運搬され、血液中にとけ込みます。マッサージや塗布によって精油を皮膚につけると、表皮のバリアを通り抜け、皮下組織へと浸透し、毛細血管から血液に混ざって体内に吸収され、さまざまな効能を発揮します。

この中には、腸の働きをよくするものがあります。

  • シナモン・リーフ
  • オレンジ・スィート
  • カルダモン
  • ペパーミント
  • タイム
  • ラベンダー
  • ローズマリー
  • バジル

などです。好みの香りの精油を選べば効果も期待できるでしょう。

平日の夜や週末など、ゆっくり時間を過ごしたいときに是非試してみましょう。

アロマグッズはこちらで紹介されている「アロマ一覧」を参考にされるといいでしょう。

腸と脳に効く! リラックス音楽療法

音楽療法の方法には音楽を聴くだけでなく、一緒に奏でたり、歌を歌ったりと、さまざまな形態があります。
音楽は娯楽として普及しているので、療法といってもピンと来ないかもしれません。

しかし、心身に効果があることが確認されています。緊張感の高まる手術室などにおいては、クラシック音楽やインストゥールメタルの音楽がかけられています。
2000年10月の日本医師会発行の医学誌における音楽療法特集では、音楽を受け身的に聴く「受動的音楽療法」を補助的治療法として位置づけています。

高血圧、気管支喘息、慢性胃炎、消化性潰瘍、過敏性腸症候群、狭心症、片頭痛、緊張型頭痛やうつ状態、不眠症、いわゆる不定愁訴、不眠、ストレス関連性障害などの疾患に有効とされているのです。
さらに予防医学の分野では心身のリラックスや感情コントロール(緊張、躁うつ、怒り)、特殊な状況における不安軽減のために有効といわれ、手術室や人工透析、内視鏡などの処置室、集中治療室の室内、歯科治療などの現場でBGMを流すなど、その応用範囲は広がりつつあります。

米国の痲酔科の医師らによって興味探いデータが提示されました。手術中の患者さんに好きな音楽を聴かせた場合とそうでなかった場合(手術中の雑音が耳に入る場合) とを比較した実験で、音楽を聴かせた場合のほうが、鎮静薬の投与量を減量させることができたというのです。

音楽療法は腸の健康にも役立ちます。実は、知らず知らずのうちに、その効果を経験しているのです。例えば、ホテルやデパートのトイレ。そこでなぜか排便がスムーズになったということはありませんか?

実はこうしたトイレには、一般的にスローテンポの音楽がBGMとして流れているのです。
スローテンポのBGMを聴くと心拍数低下し、自律神経のうちの副交感神経が優位となり、胃や腸の働きが活発になるのです。

音楽を聴いているときは、ゆつたりとした気分になり、胃腸の働きが活発になるのがなんとなく自覚できる人が多いのです。すでに、

スローテンポの心地よい音楽を習慣的に聴くことで、実際に排便しやすくなつたり、長かった排便時間を短くできたりと成果をあげています。

音楽を聴いた人全員に効果が得られるとはいえませんが、聴くだけで多少なりともよい効果が期待できる可能性がありますから、手軽に試してみるといいでしょう。リラックスモードの曲を聴くことで、脳の視床下部や 部や下垂体きが反応し、カテコールアミン(ドーパミン、アドレナリン、ノルアドレナリンの総体)の分泌がやや抑制されて、リラックス・モード(副交感神経優位 に移行することができるのです。

リラックスできる音楽だけを集めたサイトがありますので参考にするといいでしょう。