加齢により腸内細菌は変化する 若返りにフローラの乳酸菌発酵エキス

私たちの腸の免疫機能は全身の免疫機能と大きく関係していますが、大腸と小腸では、免疫機能の役割が異なっています。では、大腸と小腸の老化によって免疫機能にどういう変化があるのかを見てみましょう。

まず、私たちの腸の中(おもに大腸)には、さまざまな種類の細菌が存在しています。これらは腸内細菌と呼ばれていて、個々の菌が集まって複雑な微生物の生態系を構築しています。簡単にいうと、さまざまな腸内細菌がお互いに影響し合って腸内に存在しているということです。そして、この生態系を腸内細菌叢、または腸内フローラと呼んでいます。

腸内フローラは、私たちの身体に対しさまざまな影響を与えます。病原菌の撃退や免疫の活性化、ビタミンの産生などは、人間の身体にとって良い影響を与えてくれます。しかし、一方では、老廃物を生み出したり、発ガン性物質の原因物質となったり、腸の病気に関与しているともいわれます。つまり、善玉菌と悪玉菌のバランスを保つことが、若くて健康な腸をサポートすることになります。

大腸の腸内細菌の構成は、食習慣や年齢などによってひとりひとり異なります。しかし、加齢によって腸内フローラの機能は低下します。これは、腸内細菌の微生物生態系に変化があらわれるということです。これによって、身体全体の免疫機能が低下するという事態も予測されます。

では、消化管の免疫の中枢と位置づけられている小腸の老化についてはどうでしょうか。少し難しくなりますが、消化管免疫(腸管免疫)の老化は、イコール腸管関連リンパ組織の老化となります。マウスでおこなった実験では、この腸管関連リンパ組織も加齢によって機能が低下することがわかっているそうです。全身のリンパ球の60パーセント以上が腸に集中しています。つまり、このリンパ球の集まりが腸の免疫をつかさどっているため、小腸の加齢も全身の免疫機能の低下に関係してくるのです。

加齢による腸の老化は、免疫に関連したさまざまな病気の要因になります。しかし、実年齢と腸年齢は一致するものではありません。

腸年齢には個人差がありますが、その差はどこから生まれるのでしょう?それには、食生活などのライフスタイルが大きく影響しています。実年齢ではなく、腸年齢で腸の健康が決まるのです。腸の状態がその人の健康を左右することを理解しておきましょう。

腸内フローラのバランスを整え若くて健康な腸を保つには、フローラ健康科学研究所の『善玉元気』。メディアでも取り上げられたことで話題の短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)が主成分の、善玉菌からつくられたサプリメントです。
善玉元気 フローラ健康科学研究所の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス | 便秘を解消しよう!
https://benpi-guide.net/contents/archives/2863

抗生物質の乱用で腸内環境が悪化自己治癒力が低下

乱れた腸を改善しないと慢性疲労は治らない、体を動かせないほどの疲労

体を動かせないほどの疲労が、6ヶ月以上の長期間続き、日常生活に支障をきたす病気を「慢性疲労症候群」と呼びます。この病気で困っている患者さんは、現在、全国で100万人いるといわれています。

このつらい症状に悩まされ、いくつかの病院で治療してもよくならなかったという人がたくさん来られます。私は、この慢性疲労症候群は、自己治癒力の低下によって起こると考えています。

そして、自己治癒力の低下を招く根本には、腸内環境の乱れが影響しています。そのメカニズムを簡単に説明しましょう。なんらかの原因によって腸内環境が乱れると、腸内の善玉菌減少し、カンジグ菌や酵母菌が増殖します。これらの菌からは菌糸といわれる糸状の触手が伸び、腸粘膜を傷つけます。

すると、腸の粘膜にすきまができて、通常では吸収されない(通れない)大きな物質が、血も液中に漏れ出てしまうのです。これを、「リーキーガット症候群」といいます。のリーキーガット症候群では、食物に含まれる毒素が体内に入ってきて炎症を起こします。

これが、慢性疲労症候群に伴うさまざまな症状の原因となるのです。重金属などが腸内を通過して血液中から細胞内に入ると、「ミトコンドリア」という細胞内器官の機能が低下します。

さらに、カンジタ菌や酵母菌は、有機酸という物質を体内に放出します。それも、細胞内のミトコンドリアの機能を低下させる原因となります。

ミトコンドリアは、全身の細胞の中にあって、エネルギーを産出する働きを持っています。つまり、エンジンのような役割です。その機能が障害されると、細胞がきちんと働けなくなります。

その結果、さまざまな慢性疲労の病態が現れてくるのです。ですから、根本原因である腸を改善しなければ、慢性疲労症候群は治りません。ほかの病院で治療してもよくならないのは、それだけ腸の治療をしている医師が少ないということでしょう。リーキーガット症候群は、「遅発型食物アレルギー」も引き起こします。

遅発型食物アレルギーとは、食物をとってすぐにアレルギー症状が現れる、一般的な食物アレルギー(即時型食物アレルギー)と異なり、食物を摂取したあと、数時間から数日後にアレルギー反応が現れるものです。遅発型食物アレルギーの検査を行って、特定の食物にアレルギー反応が出ると、多くの医師はその食物を食べないように指導します。

しかし、これも原因は腸の異常(リーキーガット症候群)にあるので、食物を除去することが解決にはなりません。ただ、遅発型食物アレルギーの検査は、腸の状態を知る指標として役立ちます。

アレルギーの状態がひどければ、それだけ腸の状態が悪いということです。逆にいえば、腸の状態がよくなれば、アレルギー反応が出た食物も除去する必要がなくなるのです。

いくつかの症例です。Aさん(20代・女性) は、全身倦怠感があって小学生のときから朝起きられず、10年間学校に通えませんでした。

遅発型食物アレルギー検査をすると、ほとんどの食材に強いアレルギー反応がみられました。治療を行ったところ、半年たったころから、Aさんの全身倦怠感の症状が改善したのです。9ヶ月後に再度行った検査では、食物アレルギーの反応も随分へっていました。

一方で、即時型食物アレルギーの場合は、食物にはじゅうぶん注意しなければなりません。とはいえ、即時型食物アレルギーにおいても、腸内環境を整えることはとても重要です。

食品添加物のとりすぎにも注意しよう!

では、腸内環境を悪くする原因は何でしょうか。1つには、抗生物質の使いすぎがあります。全身に炎症があり、あちらこちらの病院で2ヶ月にわたって抗生物質を投与されていた1歳の女の子が来院したことがあります。

食事もできなくなり、46kgあった体重は36kgに激減していました。抗生物質の長期服用で腸内環境が乱れ、病態が悪化していたことは明らかです。

抗生物質は、肺炎や慢性副鼻腔炎などを起こしているときは、確かに必要です。しかし、長期服用すると、腸内細菌がかなりダメージを受一けます。

その結果、自己治癒力が著しく低下するのです。抗生物質を長期問飲んでも効かないのは、自己治癒力が低下しているからです。抗生物質で病原菌を殺すだけでなく、自己治癒力を高めるサポートをしなければ、腸内環境が悪くなり、病態は悪化する一方です。

また、食品添加物のとりすぎも腸内環境に大きく影響しています。食品を選ぶときは、食品添加物の少ない食品、安心して食べられる食品を、意識して選ぶようにすることが大切です。

ただし、その意識も過剰になる必要はありません。それが、かえってストレスになってもよくないからです。腸内環境が整えば、少しぐらいなら、よくないものを口にしても体が解毒してくれるはずです。まずは、腸の健康づくりに取り組んでください。

生きた乳酸菌が腸までしっかり届く!さらにパワーアップした『乳酸菌革命』

脳は肉が大好物、腸は野菜(食物繊維)が大好物

植物は動物に欠かせない食べ物です。植物(野菜、果物、穀類)の摂取が不足すれば、代謝そのものに不備が生じます。
つまり、私たちの体は植物を求めているということです。だとすれば、植物こそ腸にとって望ましいもの、相性がいい食べ物ということになります。(ライオン、トラなどの肉食動物は、ヒトと腸内細菌がまったく違うので、比較の対象外としています)。

腸内にいる善玉菌のエサも糖(炭水化物)ですから、糖を上手に摂ることで腸内環境も劇的に改善されていくのです。

これに対し、「肉」は腸との相性があまりいいとは言えません。私たちの体に近い分、腸に取り込んだ際に異物として認識されやすく、また、肉類に含まれる動物性タンパク質は悪玉菌のエサになるため、摂りすぎは腸内腐敗を招くリスクもあります。
最近のガンやその他の腸の病気が増えているのは、動物性のたんぱく質の増加による油の摂取の増加と考えられています。

もちろん、腸との相性が悪い肉類をすべて排除すれば健康になれるかと言うと、そう単純なものではありません。たとえば、人は肉を食べることによってタンパク質や脂肪の摂取量を増やし、脳を肥大化させてきた側面があります。
つまり、人類は肉食によって知恵を身につけ、ここまでの繁栄を築いてきた現実があるわけです。人をヒトたらしめ、自分という存在をここに成り立たせているものの源泉はじっは肉食にある。そう考えれば、腸との相性が悪いという理由だけで、肉食を否定するのは間違っていることが理解できます。

大事なのは、何事にもプラス面とマイナス面があるということです。脳を肥大化させ、知恵を身につけたことで人は繁栄を手に入れましたが、逆に脳が大きくなりすぎることで動物としての感覚を後退させてしまいました。肉食が、ヒトを頭でっかちにさせてきた面もあるのです。

とは言っても肉食で進化してきた人間

もっとも、腸と相性のいいはずの植物も、白砂糖のように精製して自然な状態から遠ざけてしまうと、相性がどんどん悪くなっていきます。すぐにエネルギーに変換される分、脳が喜ぶ形になっていきますが、それは決して「体にいいこと」ではないでしょう。

「肉」と「精製した糖質(白砂糖、小麦粉)」の組み合わせで思い浮かぶのは、たとえば、ハンバーガー、牛井やカツ井、脂たっぷりのラーメン、そのあとさらに別腹のスイーツ 。現代食は、「脳が喜ぶ食事」のオンパレードなのです。要するに、脳が喜ぶ食事に傾くことで、「腸が喜ぶ食事」がおざなりになっているのです。

肉や卵は喜びのもとになる

腸内細菌って?

120兆個もの微生物

人間の腸の中には、膨大な数の細菌が共存しています。その数は100~120兆個、種類にして100~300種にも及びます。それらは、すべてがごつちゃに入り混じっているわけではありません。仲間同士で群生する野草のように、棲み分けをしています。同種ごとに、叢(草むらの意味) のように寄り集まって腸内に定着していることから、その群れは「腸内細菌叢」または「腸内細菌フローラ」と呼ばれます。
細菌ですから「空気のように軽いだろう」とイメージしがちですが、重量は1~1.5kgにもなります。
ですから、人間の体重のうち1kg強は腸内細菌の重さということになります。腸内細菌のはたらきは多岐にわたり、それは腸内だけにとどまりません。具体的には、次にあげるものになります。

  1. 免疫力・自然治癒力を高める
  2. 5000種類以上の体内酵素をつくり出す
  3. 外界から侵入した細菌や毒素を腸内で排除する
  4. 化学物質や発ガン性物質を分解する
  5. 消化・吸収・代謝システムに携わる
  6. ビタミンをつくり出す
  7. 抗生物質による副作用を抑える

体内酵素を自分で生成する腸内細菌は自分で育てる

なかでも、あらゆる生命活動の根源ともいえる体内酵素をつくることは、腸内細菌の重大な働きです。というのも、体内酵素の欠乏や消耗は、老化や病気に直結するからです。
体全体で、合わせて何種類ほどの酵素が存在するのかはっきりわかっていませんが、5000種類以上の酵素があるとされています。
また、老化と腸内フローラには、強い相関関係があります。特に、腸内細菌の一つであるビフィズス菌の比率は、加齢とともに減少していきます。
ですから、長寿を目指すのでーのれば、よい腸相をつくるだけでは不十分。同時によい腸内細菌を育てていくことが同時に必要になります。
腸内細菌の環境は、人間自身がつくり上げるものなのです。
腸内フローラを構成する種類や数は人それぞれです。Aさんがもっている腸内細菌が、Bさんの腸内にもいるとは限りません。しかし、スタートは誰もが同じ条件だったはず。出産直後の新生児の腸内は、ほぼ無菌状態だからです。
この世に生を受けた瞬間から、細菌との共存がはじまるのです。
一日もたてば、赤ちゃんの便の中には、すでに多くの細菌が含まれているといいます。つまり、その人がそれまでどのような環境でどのように育ち、どのような食生活を送ってきたかによって、腸内フローラの全体像は変わってくるのです。いったん定まった腸内細菌のバランスは、病気のときなどを除けば大きく変わることはないといわれますが、ある程度の幅では日々変化しています。

今現在、腸内細菌のバランスが悪く、本来の腸内細菌の役割が体内で発揮されていないとしても、生活習慣や食習慣を見直すことで、数日から数か月で腸内環境を整えていくことは十分可能です。

腸内細菌は、その性質や機能によって、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3つのグループに分けられます。善玉菌は有用菌ともいわれます。強い抗酸化酵素を含み、体を健康に保ってくれる、文字通り体に有益な菌です。乳酸菌やビフィズス菌などが、善玉菌の代表格です。
反対に、悪玉菌は有害菌であり、ウェルシュ菌などがそれです。悪玉菌に含まれる強い酸化酵素は、未消化の肉類や乳製品などのたんばく質を腐敗させて毒素を発生させ、免疫力の低下や老化を促進させます。善玉菌が増えると腸の調子がよくなるほか、免疫力が向上し、病気にかかりにくくなるなど、多くのメリットがあります。
逆に悪玉菌が優位な状態では、腸の調子が悪くなって悪臭ガスが発生し、肌や髪からツヤが失われるばかりか、生活習慣病のきっかけになることも少なくありません。
「悪玉菌=悪」というイメージが強くなりますが、悪玉菌も決して不要なわけではありません。健康な人の腸内にも、悪玉菌は棲んでいます。悪玉菌には外敵菌から腸を守るという大切な役目があり、人間の体に不可欠なものなのです。悪玉菌は、そもそも弱い病原性しかもたないので、健康なときには免疫で抑えていられるのですが、加齢により免疫力低下やストレスによるダメージが引き金となって、病原性を発揮するのです。
一方、有用とも有害ともつかないのが日和見菌、いわゆる大腸菌です。中間菌ともいわれ、中立的な立場なのですが、「日和見」という名前からもわかるように、有用菌が優位に立っていれば有用菌をサポートし、有害菌が優位に立っていれば自分も悪さをするなど、形勢次第でどちらにも転びます。
そして、実はこの日和見菌が、腸内細菌全体の大多数を占めています。腸内細菌のバランスは、日和見菌の動静に大きく左右されるといえるのです。したがって、よい腸内環境をつくるには、日和見菌を悪玉菌に転化させないよう努力しなければなりません。その決め手となるのは、生活習慣や食事の摂り方、良質な水、薬物の影響、ストレスなどさまざまです。善玉菌をたくさん、悪玉菌を少なめにして、高い免疫力を保つことが理想なのです。

善玉菌が元気なイキイキ腸であれば、消化物は結腸のぜん動運動(便を送り出す腸の動き)で促されながら、少しずつ直腸に向かいます。
次に、小腸から送り出された直後は液状だった消化物も、結腸を進むにつれて、半流動体→かゆ状→医半かゆ状になり、最後に固形の便になります。
直腸に便が到達すると、自律神経がはたらき、便意を感じる仕組みです。

生命活動において重要な役割を果たしている「腸」

腸の機能

腸の働き、仕事といえば、「排便」と単純に考えがちですが、実は腸には、それ以外にも体を健康に保つために不可欠なさまざまな大切な機能があります。。
その一つが「消化作用」です。食べたものは、噛んで飲み込んだらおしまいではありません。胃と腸は、炭水化物をブドウ糖に、たんばく質をアミノ酸に、脂肪を脂肪酸へと小さく分解します。その分解した栄養分を吸収するのも、腸なのです。たとえば、植物は地中に根っこを張って、土から栄養分を吸収します。人間の体を植物にたとえると、根っこに相当するのが「腸」というわです。人間が生きていくうえで必要な栄養素のほとんどは、小腸で吸収されます。もし、腸のはたらきが正常に行われなければ、いくら体によいものを食べても、栄養素を体に十分に取り込むことができません。

また、腸が汚れていれば、その汚れも一緒に体内に吸収されて全身を巡り、血液やほかの器官まで汚染してしまいます。つまり、腸内環境のコンディションは、全身の健康状態に大きくか影響するのです。
腸には、消化・吸収・排泄以外にも、次のような重要な役割があります。

免疫作用

腸は、「最大の免疫器官」とか「内なる外」とよくいわれます。それは、腸がじか体の内側にありながら、外界と直に接しているからです。体内に侵入してくる細菌や有害物質が直接入ってくる場所であり、腸はそれらの異物をしっかりとブロックして体を守る役割を果たさなければなりません。そのため、腸には多くの免疫細胞が集中し、免疫防御機能を果たしているのです。この腸管免疫の活性化にひと役買っているのが、腸内細菌です。ですから、腸のトラブルは、自然治癒力や免疫力の低下のもとになるのです。放っておくと、老化や生活習慣病の原因にもなりかねません。腸をキレイに保つことが、健康維持のためにとても大切なことなのです。排便だけを担っているわけではないのです。

解毒作用

体内で解毒の役割を果たす臓器といえば、「肝臓」ですが、腸内細菌にも解毒作用があることがわかってきました。体の入口で、有害物質をある程度ブロックするので、結果的に肝臓での解毒の負担軽減、解毒能力の向上にもつながります。つまり、腸のはたらきが悪くなって解毒能力が低下すると、肝臓に大きな負担がかかってしまうのです。
さらに、肝臓の障害は、連鎖的に心臓や呼吸器系にも悪影響を及ぼします。
では、そのような重要な機能が腸にばかり集中しているのは、なぜでしょうか?
腸は発生学的には、最も原始的な器官です。
生命の進化の歴史をたどると、いそぎんちゃくやひどでなどの腔腸動物に突き当たります。彼らは、口と肛門も分かれておらず、入口から体内に入った食べ物を消化して入り口から排泄するという、腸を主体とした単純な構造の生き物です。
腸はその後、さまざまな臓器に進化しました。栄養分を蓄える細胞が腸から分離して「肝臓」となり、血中の糖分を調整するすいホルモンを分泌する細胞が分離して「膵臓」をつくり、食物を一時貯蔵する場として腸の前部「胃」ができました。また、酸素を吸収する細胞が「肺」になり、腸の入り口、つまり口にある神経細胞の集合が「脳」に進化したといわれています。ですから腸は、ほかのあらゆる臓器の源、生みの親だといえます。腸が体の多くの器官や神経と密接にかかわっているのは、そのような進化の経緯によるものといえます。

腸のトラブルや病気は、独自の判断能力を狂わせてしまいます。そうなれば当然、ほかの体内システムにも影響してきます。腸は、この賢い機能のために「第二の脳」と呼ばれています。
そもそも、脳と腸には密接な関係があります。その特殊性が注目され、研究が進むにつれ、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが腸にも存在していることがわかってきました。というより、全体の9割以上が腸内に集中していたというのです。腸内では神経伝達物質としてはたらくほか、消化活動にも携わっており、たとえば満腹中枢を刺激して食欲を抑制するのも、セロトニンの機能の一つだといわれています。
そして、このような腸の免疫機能を促進させるはたらきをもつ陰の立役者が、120兆を超える腸内細菌です。勝と腸内細菌とは結束して、私たちの健康を保つためにはたらき続けているのです。