Category現代人がかかえる腸ストレス

甘いものを控えているときにできるだけ体に負担をかけないデザートは?

甘いものが苦手という女性はほとんどいません。これは、女性ホルモンが影響していると言われていますが、特に明確な理由はわかっていません。男性がたばこやお酒をやめることが難しいように女性も甘いもの断ちしているときはストレスがたまります。

「糖質OFFダイエットでご飯やパンを控えているのに甘いものをたくさん食べてしまう!」という女性が多いものです。それもそのはず。ご飯やパンに含まれる糖質を摂っていないから、余計に糖質たっぷりの甘いものが食べたくなるのです。これは人間の体の仕組みですから致し方ない部分もあります。

ただし、腸ストレスの観点からみると、穀物には食物繊維が含まれますから、できればご飯やパンはきちんと摂ったほうが結果的にダイエットの近道だったりします。特に小食なんかは最近、流行のダイエット方法ですが、実はNGだったりします。流行の少食、断食などが及ぼす悪影響にあるように、結果ダイエットができても腸内環境があれてしまい、肌荒れ、肩こりなどの症状がてきめんにでるようになってしまうのです。
一番いいのは、ご飯を3食、しっかり食べておやつをやめる!が一番でしょうか?

とりあえず、甘いものを断っているときのデザートについてですが、こういう方には、食物繊維の多い小麦ふすま(ブラン)のシリアルがお薦めです。このシリアルにヨーグルトをかけて食べれば快便です。

しかし中には、ダイエットとは関係なく、甘いものを止められないという人もいます。こういった方には、お通じを助けてくれるデザートがお薦めです。

まずは「温リンゴ」です。半分に切ったリンゴを、電子レンジ(500W)で2分ほど加熱するだけで完成です。それで物足りないという人には、ヨーグルトなどをお好みで添えて、シナモンをかけるとおいしいです。アイスなら、食物繊維が1カップに6g以上含まれる「カロリーコントロールアイスクリーム」がお薦めです。

添えれば、立派なデザートになります。

もう1つが「温バナナ」。これは皮付きのバナナを電子レンジ(500W)で1分半ほど加熱します。そこに、練った純ココアを好みでかければ、完成です。遅くに食事をすることが多い生活習慣の場合、ついついだらだらと食べ過ぎてしまうことが多くなる傾向が強いです。しかし、温リンゴをデザートとして取り入れることで、食事の量を逆に減らすことができます。

温めるのがポイントで腸にストレスがかからないようにします。

甘いものがほしいときには、ドライフルーツもいいでしょう。食物繊維が豊富に詰まったアンズやイチジク、プルーンや干し柿なら、お腹の働きを助けてくれます。購入するときに、成分表をデェックして、砂糖や油などを使っていないものを選ぶのがいいでしょう。

甘いお菓子は好きじゃないという人は、おせんべいに海苔が巻いてあるものを選ぶと海苔の食物繊維が摂れるのでおすすめです。海苔にこれほどの栄養があることを知らない人が多いのですが、海苔はすばらしい食品です。

体内酵素について

寿命とも連動する酵素

人間が呼吸や体温が常に安定、食べたものが消化され排泄されたり、傷口が自然に治ることは、一見、当たり前のように思えます。しかし、無意識のうちに行われるそれらの生命活動はみな、体内酵素のはたらきによって支えられいます。
このように、体の基本的機能が一定に保たれるというのは、生命の必須要件の一つで、これを恒常性(ホメオスターシス)といいます。

生命のあらゆる営みは、酵素なしには成り立たないのです。酵素(エンザイム) とは、生命の維持や活動に不可欠な触媒機能を備えたたんばく質の一種です。動物・植物を問わず、あらゆる生物に存在し、その内部で起こるすべての化学反応を触媒するものです。通常であれば、高温二日同圧といった特殊な条件の下で非常に長い時間を要するはずの化学反応を、体内酵素は私たちの体内で、わずか36~37度の環境で瞬く間にやってのけるのです。
しかも自分自身の性質は、いっさい変えないのですから、その能力は驚くべきものですが、医学的にも科学的にも、まだ解明されていない部分が多いのです。
たとえば、一つの酵素には一種類の作用しかなく、鍵と鍵穴のような関係であることはわかっていますが、体全体でどのくらいの種類の酵素が存在するのかは、はっきりはわかっていません。体内酵素は生命活動の基盤といえます。ですから、体内酵素を十分に確保しておくことが、健康や寿命をを左右するカギとなるのです。しかし、困ったことに体内酵素は使えば減り、また、加齢によっても減少します。幼児の体内には、老人の100倍にも相当する酵素があるといわれています。
かつては、酵素は食物から摂り入れるたんばく質を材料に、体内で無限につくられると考えられていましたが、実は一生の間に体内でつくられる酵素の量には限りがあったのです。体内酵素が少なくなると、老化が早まったり、病気にかかりやすくなります。
そうならないためには、体内酵素を効果的に補給する一方で、なるべく消耗しないようにしなければなりません。

現代人は、消化と解毒で体内酵素を無駄に浪費している

、体内酵素はどのようなことに使われ、消耗するのでしょうか。大きく分けると、次の3つになります。

  1. 体の恒常性・自然治癒力の維持
  2. 食物の消化吸収
  3. 体内に侵入・発生した毒素の解毒

です。
最も基本的な機能が1です。細胞の再生や修復をしたり、神経系やホルモン系、免疫系のバランスを調整するのに、体内酵素を使うからです。ですから、余計なストレスをため込んだり、不用意に体に無理を強いるのは、体内酵素の無駄づかいにつながるでしょう。また、食べたものを消化してその栄養分を分解し、体に吸収するためには、体内酵素を消化酵素として使います。

たとえば、唾液にはでんぷん質を分解すいするアミラーゼが、胃液や膵液にはたんばく質を分解するペプシンやペプチターゼが、膵液には脂肪を分解するリパーゼが含まれています。
食べる量が多ければ当然、それだけ大量の消化酵素が必要です。むやみに暴飲暴食を続ければ、大切な体内酵素を浪費することになります。食べるものの質や、よく噛んでいるかどうかも無関係ではありません。「よく噛んで食べる」ということはこうしたことが影響しているわけです。
また、不規則な食生活も消化酵素の負担を増やしますから、夜遅く寝る前に食べるのもよくありません。食事時にアルコールやコーヒー、タバコなどの晴好品を摂ると、それらの解毒のために酵素が使われてしまいますので、消化吸収は悪くなります。さらに、現代社会は、体内で活性酸素を発生させる有害物質に満ちており、それらを解毒するためにも体内酵素を大量に消費します。
食品添加物、医薬品、農薬などの化学物質、環境汚染、家電製品から発せられる電磁波、紫外線、ストレスなどがその朗代表ですが、もはや私たちの生活と切っても切り離せないものばかりで、これらを避けて生活することは現実的には不可能となっています。

たとえ外的な悪い要因から発生する活性酸素を防ぐことができても、生きている限り避けられない活性酸素があります。それは、体細胞の中のミトコンドリアがエネルギーを生み出す際に発生する、「スーパーオキサイドラジカル」です。ですから、これを解毒する作用をもつ「スーパーオキサイドデイスムクーゼ(SOD)」は、特に欠かすことのできない体内酵素の一つですが、SODは中年以降、急激に減少し始めます。すると、軽い症状の病気でもこじれやすくなり、重い生活習慣病を引き起こす可能性が大きいといわれています。
では、どのようにして酵素を体内に摂取したらいいのでしょうか?これは、加熱していない生の野菜や、果物を摂取することです。

加熱していない生鮮食品(野菜・果物・魚介頬など) や、発酵食品を摂るのが最も効果的です。ただし、くれぐれも、農薬や食品添加物を使用していないものに限ります。
こちらの専門サイトにも価値の高い有機栽培の野菜を食べる習慣をつけるのような記事があり、安全な食品を摂る重要性を訴えています。

ビール酵母や玄米発酵食品、工ンザイムのサプリメントから酵素を補給するのもおすすめです。また、腸内細菌が体内酵素をつくる作業を促乱させるためには、乳酸菌生成エキスなどが有効です。そのほか、酵素のはたらきを補い、体内酵素が効率よく機能を発揮するよう手助けをするのが、ビタミンとミネラルなど、補酵素といわれる栄養素です。これらは、精製されていない穀物、野菜、果物、垂藻類からも補給できます。さらに、体内酵素の消耗を軽減する効果をもつのが、免疫調整物質(発酵古代米、アラピノキシラン、キチン・キトサンなど) や抗酸化物質(チャガ、アスタキサンチン、イチョウ葉エキスなど) です。
体によいものは、地味で質素ですが、とても大切な要素です。

ストレスの影響を受けやすい人間の体

ストレスとリラックスのバランス

体の各器官は、全身をくまなく張り巡ってそれらをつなげて統合する、自律神経システムの絶妙なコントロールの下にバランスを保っています。といっても私たちは、それをまったく無意識でいます。私たちの生命活動を維持するために、たくさんの体内システムが機能していますが、なかでも代表的なのが

  1. 代謝エネルギーのシステム
  2. 自律神経系のシステム
  3. 白血球のシステム

です。
さらに、これらのシステム同士の緊密な連携関係をコントロールし、その采配役となつているのが自律神経です。自律神経は、私たちの体内活動のうち、意思とは無関係です。意識しなくても汗をかいたり、呼吸したり、食べ物を消化したりできるのは、自律神経のはたらきによるものです。しかし、意思とは独立しているにもかかわらず、極めデリケートで、ストレスや外的要因に敏感に反応します。
自律神経は、交感神経と副交感神経という、相反する二つの体制から成り、両者が同時にはたらいてバランスを取りあうことで、体内システムが正常に稼動しているのです。

交感神経が優位に立つのは、興奮状態や緊張にさらされているとき、攻撃的なときです。一般に人が社会活動を行っている時は、交感神経が優位になっています。
そんなとき、体の中では心臓や肺が活発にはたらくのに対し、胃腸の活動は控えめになっています。その状態を、野生動物が全神経を集中して獲物に飛びかかる様子になぞらえて、「エサとり神経」と呼んでいます。それとは対照的に、副交感神経は「リラックス神経」といわれます。副交感神経が優位に立つのは、文字通り体も心もリラックスして全身の力をゆるめた状態のときです。入眠前などは、副交感神経が優位になっています。
呼吸や心拍、血圧が穏やかになり、女性であればTT宮の緊張がやわらぎ、その分、胃腸のはたらきが活発になったりホルモンの分泌が盛んになつたりといった変化が起こります。
つまり、状況に応じて一方が優位には機能したり、相方の暴走にブレーキをかけたりと、二つの神経は綱引きしあうような関係にあるわけですが、ときに間合いを間違え、いずれか一方に大きく傾くことがあります。
そうなると体内システムは、とたんにバランスが崩れ、体に変調をきたします。なぜなら自律神経は、外界から侵入した異物から体を守っている白血球をも支配しているからです。白血球は血中の免疫細胞であり、免疫機能の中心的な存在といえます。
したがって、自律神経と白血球の連携が、体の免疫力を大きく左右するのです。

ストレスをため込んでもリラックスしすぎてもタメ!

白血球の大半を占めるのが、顆粒球とリンパ球です。平均的な構成比率は、顆粒球が60% 、リンパ球が35% 程度ですが、外部からのストレスに敏感に反応して、比率は変動しています。この顆粒球とリンパ球のバランスをつかさどるのが、交感神経と副交感神経のシステムなのです。私たちの体が外部から強いストレスを受けると、交感神経が緊張して顆粒球の割合が増えます。
交感神経が優位に立つと心拍数や血圧が上昇し、その一方で消化吸収活動などは抑制傾向になり、このとき全体的には興奮気味な状態といえます。そもそも白血球は、体内に侵入した異物退治のために自分の仲間を増やして戦うのですが、自律神経のアンバランスがもとで白血球が通常のバランスを崩してしまうと、顆粒球やリンパ球が間違った行動を起こしてしまいます。
ですから、顆粒球が増えるのは、腸にとっては望ましいことではありません。そこまでいかなくても、悩み事や不安を心に抱えているとき、胃がキリキリと痛むことは誰にでもあることでしょう。それは、増大した顆粒球から発生する活性酸素が、胃や腸の粘膜をチクチクと攻撃しているからです。そんなとき、いつまでもクヨクヨしていると、ますます顆粒球が増えて状況は悪くなりますから、逆転の発想で、リンパ球が増えるように気持ちを切り替えればいいのです。「病は気から」と昔の人が行ったのもまんざらでもないのです。

リンパ球の割合が増えるのは、体の力を抜いてリラックスし、副交感神経が活発になったときです。運動性の神経を抑えて消化器官や循環器官が活発にはたらき、免疫力が高くなります。全体的にはクールダウンした状態といえるでしょう。ところが、リラックスした心地よい状態ばかりが続くと、今度はリンパ球が多くなりすぎ、アレルギー物質などの抗原に対して敏感に反応し始めてしまいます。
ここ数年、子どものアレルギーが大きな社会問題になっていますが、その原因の一つがお菓子やジュースの摂りすぎにあります。甘いものを摂りすぎると、消化を促進するために副交感神経が常に優位になり、リンパ球が増えすぎた結果、アレルギーを引き起こすとも考えられています。
つまり、腸の健康をいつも正常に保ち、かつ痛気を防ぐためには、ストレスを極力ため込まずに副交感神経を優位にして、リンパ球や有用菌が多めな状態を維持するのがコツということになります。

日本人の50%が腸ストレスを感じている

  • 大事な打ち合わせを控えているとお腹が痛くなる
  • 上司からの仕事のミスを指摘されると下痢になる
  • テスト前は便秘や下痢になる

などこんなことは誰もが経験していることです。経験的に知られたストレスと腸の関係。実際に悩んでいる人はどの程度いるのでしょうか?オリゴ糖メーカーが調査しています。
これは、「日本人の腸とストレスとの関係」をテーマに全国600名を対象にアンケートを行いました。
その結果、50%もの人がストレスを抱えていることが確認されました。2人に1人というのは驚異的な数値です。
「日常的にストレスを感じる」という人は9割にもなったのです。こうした場合、どのような症状がおきるかをアンケートしたところ、一番多かった症状は、不眠でした。
これの次に「食べ過ぎ」、「胃腸の痛み」と続きました。
ストレスが腸の不快な症状となってあらわれている人が2人に1人もいたのです。

男女別では、男性は、ストレスを感じるとあらわれる腸の症状が50代以降で目立ち、下痢、食欲不振、便秘と腸に関連する症状が多様です。

女性の場合は、「不眠」「食べ過ぎ」が半分を占めるものの、20代では「肌荒れ」の悩み、40代では、食べ過ぎ、50代だでは「不眠」が主となります。女性は50代からは、更年期症状がありますので「不眠」が多くなるのもうなずけます。
男女ともにストレスが腸にあらわれやすい傾向が認められた調査でした。

自律神経とぜん動運動

ストレスと腸を考える上で自律神経の働きは、見逃すことができません。自律神経とは自分の意志とは無関係に体内のすべての調整を行っている神経で、交感神経、副交感神経の相互作用で機能します。
体を動かして心臓の拍動や呼吸が速くなったりするのは、交感神経です。血圧や血流を増やして活動のための酸素を全身の送る働きです。
一方、これとは正反対で心臓をゆっくりと動かし、体全体をリラックスさせる他働きが副交感神経です。
交感神経と副交感神経がバランスよく働いて、昼は、交感神経が優位に夜は、副交感神経が優位に働くのです。

この自律神経は腸のぜん動運動にも深くかかわっており、具体的には、リラックスしたとき、副交感神経が優位になると、腸の働きがよくなり、排便が促されやすくなります。
逆に緊張して交感神経の働きが優位になると、腸の働きは鈍くなり、排便が抑制されます。ストレスがかかると、自律神経の働きが乱れ、腸の働きが悪化するなど、消化機関にも大きな影響を及ぼすのです。
夜、なかなか入眠できないのは、体が興奮していたり、緊張していて、副交感神経が優位にならないこととが理由です。

朝は、目覚めたときに眠い目をこすりながらぼーっとしている時間は、ウィークデーではツライものです。このぼーっとしてる脳を切り替えるスイッチの役割を果たしているのが脳の中の脳幹毛様体という部分です。
朝のリズムを整えるためには、脳幹毛様体への刺激が欠かせませんが、光、音、味覚、皮膚や筋肉などさまざまなシリーズ刺激に比較的に容易に反応することができます。
朝食に、お茶やコーヒーを飲むことは理にかなっています。カフェインが脳幹毛様体を刺激すると、同時に胃を刺激して大ぜん動運動を促進し、排便を促すものです。
同様に、明るい光を目に入れると網膜や視神経を通して光の刺激が伝わり、脳が覚醒します。また「噛む」という動作によって頬の奧にある筋肉を使うことでさらに脳幹毛様体の働きが活発になるのです。
朝食をしっかり食べる理由はここにあります。また、決まった時間に食事をとることは、自律神経の面からみてもとても大切なことです。

仕事で活動的になっていた脳を休めるタイミングとして昼食は非常に大切です。クールダウンをするには、絶好のタイミングです。
昼食の休憩をとることで午後の仕事や勉強にも活力がでます。昼食休憩がとれずに、交感神経の緊張が続く場合には、腸にもよくないのです。
脳を一時的にクールダウンさせることで腸の運動を誘う副交感神経が活発に働きやすくなります。朝食、昼食は夕食より多く摂った方が体にはよいということです。

夕食~夜

夕方から夜にかけては、交感神経の働きが次第に低下し、逆に副交感神経の働きが優位になります。
夜は脳をしっかりクールダウンさせることがポイントです。夕食などは、あまり明るすぎないところで摂るのがおすすめです。

深夜の睡眠中にも腸は自律的に判断して食べた物を消化・吸収しています。このときの腸の運動には、モリチンというホルモンが働いています。
このモリチンは、夜間などの空腹時に周期的に放出され、消化管に強い空腹収縮を引き起こします。これと同時に消化酵素や消化管ホルモンの分泌を刺激し、消化管内をきれに掃除し、次の食事への準備を行っています。

冷えストレスと自律神経の関係

自律神経を障害させる大きな原因として「冷え」があります。最近は、「体温を○度あげれば免疫力アップ」といった書籍も人気を集めていますが、男女ともに冷えに悩まされる人が増えています。
冷えは、冬よりも夏に悪化する人が増えています。これは、エアコンを中心として過剰に冷やす習慣が原因となっています。
暑さ、寒さに反応して体温調節するのも自律神経の働きですが、エアコンで冷やされた場所に長時間いると、自律神経の働きが悪化します。極端に暑いところから寒いところに移動するのもよくありません。こうした自律神経の悪化は、腸にも悪影響を及ぼします。

便秘は冷えが原因というサイトは、冷えによる便秘の原因をさまざまとりあげています。体の冷えに悩んでいる方は、一度ご覧ください。