腸を洗浄!梅湯流しでたまった宿便が排泄、3日で2kgの減量も

耳の調子が回復!視界もクリアーになった

梅干しにはさまざまな健康効果がありますが、便秘解消の効果もかなりのものです。私は、梅干しのデトックス効果、つまり毒出しパワーを、身をもって実感しています。その体験から、お話ししましょう。

もう7年ほど前のことです。私は、知人から問いて知った、ある断食合宿に参加しました。断食合宿の目的は、腸内で長期間滞った便、いわゆる宿便を取ること。体内の老廃物を排出することで、ダイエットや体質改善、健康の回復に役立てようというものでした。

2泊3日の合宿で、1日めの夕食と2日めの食事を抜き、3日めの朝に、毒出しをします。それが、今回ご紹介する「梅湯流し」です。

断食明けに口にするものというと、重湯やおかゆが最適かと思いがちですが、お米は食欲を増進させる力がとても強いのでリバウンドを防ぐためにも、梅湯流しがお勧めです。

参加者は、たっぷりのダイコンを煮た汁に、梅干しをつぶし入れます。梅干しを口にしながら、まず煮汁を飲み、その後、煮たダイコンを食べるのです。合宿の参加者は40名で、ほとんどの人が、食後30分から1時間以内に、トイレに駆け込みました。そして、食堂とトイレを、何度も行き来します。

くいう私も、その一人。煮汁をどんぶりに2杯飲み、ダイコンを2切れ食べたあたりから、腹部に違和感を覚えました。

ほとんど水のような便に続き、ふだんと違う、ウサギのフンのような便がポロポロと出てきます。周りの人の話でも、コロコロ便や、黒い便など、いつもとは違う便が出たそうで、やはりこれが宿便かと納得しました。

私はこの合宿で、2kgもやせることができました。さらに、耳の聴こえがよくなり、視界もクリア。味覚も鋭敏になりました。五感が研ぎ澄まされ、頭も働き、そのシャープな感覚がしばらく持続したのです。

この体験に味をしめた私は、少し太ったかなというときに、自宅でも、プチ断食と梅湯流しをするようになりました。

断食は、例えば金曜日の夕食と、土曜日の朝食・昼食を抜きます。そして、夜に梅湯流しをするのです。これなら週末だけでできますし、翌日は日曜日なので、自分のペースで体調を戻せるので、安心・安全です。

梅干しは洗剤でダイコンはタワシの役割

なぜ、梅干しとダイコンが、これほど強烈なデトツタス効果を生むのでしょうか。梅干しには、有機酸の1つであるクエン酸が豊富に含まれています。これが、洗剤のような役割を果たし、腸のぜん動運動を促します。

一方、食物繊維がたっぷりのダイコンの役目は、いわばタワシです。つまり、梅湯流しは、洗剤入りのお湯がドッと流れた腹の中を、タワシでゴシゴシ洗うようなものなのです。

腸の中は、断食明けでスカスカですから、細かいひだの中まで、きれいになるというわけです。

梅干しのメリットは、ほかにもあります。断食をすると唾液が出にくくなりますが、梅干しが唾液と胃液の分泌を促進し、胃腸の働きを助けます。また、優れた疲労回復効果があるため、断食後に、エネルギー不足から感じられる疲れの解消にも役立ちます。

梅干しというと、塩分を気にするかたもいますが、実は梅には、ナトリウムを体外に排出する作用があるカリウムも、豊富に含まれています。医師から食事指導を受けているかたでなければ、さほど気にすることはないでしょう。ぜひ皆さんも、梅干しの毒出しパワーをお試しください。

クエン酸の働きはこちら。

甘いものを控えているときにできるだけ体に負担をかけないデザートは?

甘いものが苦手という女性はほとんどいません。これは、女性ホルモンが影響していると言われていますが、特に明確な理由はわかっていません。男性がたばこやお酒をやめることが難しいように女性も甘いもの断ちしているときはストレスがたまります。

「糖質OFFダイエットでご飯やパンを控えているのに甘いものをたくさん食べてしまう!」という女性が多いものです。それもそのはず。ご飯やパンに含まれる糖質を摂っていないから、余計に糖質たっぷりの甘いものが食べたくなるのです。これは人間の体の仕組みですから致し方ない部分もあります。

ただし、腸ストレスの観点からみると、穀物には食物繊維が含まれますから、できればご飯やパンはきちんと摂ったほうが結果的にダイエットの近道だったりします。特に小食なんかは最近、流行のダイエット方法ですが、実はNGだったりします。流行の少食、断食などが及ぼす悪影響にあるように、結果ダイエットができても腸内環境があれてしまい、肌荒れ、肩こりなどの症状がてきめんにでるようになってしまうのです。
一番いいのは、ご飯を3食、しっかり食べておやつをやめる!が一番でしょうか?

とりあえず、甘いものを断っているときのデザートについてですが、こういう方には、食物繊維の多い小麦ふすま(ブラン)のシリアルがお薦めです。このシリアルにヨーグルトをかけて食べれば快便です。

しかし中には、ダイエットとは関係なく、甘いものを止められないという人もいます。こういった方には、お通じを助けてくれるデザートがお薦めです。

まずは「温リンゴ」です。半分に切ったリンゴを、電子レンジ(500W)で2分ほど加熱するだけで完成です。それで物足りないという人には、ヨーグルトなどをお好みで添えて、シナモンをかけるとおいしいです。アイスなら、食物繊維が1カップに6g以上含まれる「カロリーコントロールアイスクリーム」がお薦めです。

添えれば、立派なデザートになります。

もう1つが「温バナナ」。これは皮付きのバナナを電子レンジ(500W)で1分半ほど加熱します。そこに、練った純ココアを好みでかければ、完成です。遅くに食事をすることが多い生活習慣の場合、ついついだらだらと食べ過ぎてしまうことが多くなる傾向が強いです。しかし、温リンゴをデザートとして取り入れることで、食事の量を逆に減らすことができます。

温めるのがポイントで腸にストレスがかからないようにします。

甘いものがほしいときには、ドライフルーツもいいでしょう。食物繊維が豊富に詰まったアンズやイチジク、プルーンや干し柿なら、お腹の働きを助けてくれます。購入するときに、成分表をデェックして、砂糖や油などを使っていないものを選ぶのがいいでしょう。

甘いお菓子は好きじゃないという人は、おせんべいに海苔が巻いてあるものを選ぶと海苔の食物繊維が摂れるのでおすすめです。海苔にこれほどの栄養があることを知らない人が多いのですが、海苔はすばらしい食品です。

脳は肉が大好物、腸は野菜(食物繊維)が大好物

植物は動物に欠かせない食べ物です。植物(野菜、果物、穀類)の摂取が不足すれば、代謝そのものに不備が生じます。
つまり、私たちの体は植物を求めているということです。だとすれば、植物こそ腸にとって望ましいもの、相性がいい食べ物ということになります。(ライオン、トラなどの肉食動物は、ヒトと腸内細菌がまったく違うので、比較の対象外としています)。

腸内にいる善玉菌のエサも糖(炭水化物)ですから、糖を上手に摂ることで腸内環境も劇的に改善されていくのです。

これに対し、「肉」は腸との相性があまりいいとは言えません。私たちの体に近い分、腸に取り込んだ際に異物として認識されやすく、また、肉類に含まれる動物性タンパク質は悪玉菌のエサになるため、摂りすぎは腸内腐敗を招くリスクもあります。
最近のガンやその他の腸の病気が増えているのは、動物性のたんぱく質の増加による油の摂取の増加と考えられています。

もちろん、腸との相性が悪い肉類をすべて排除すれば健康になれるかと言うと、そう単純なものではありません。たとえば、人は肉を食べることによってタンパク質や脂肪の摂取量を増やし、脳を肥大化させてきた側面があります。
つまり、人類は肉食によって知恵を身につけ、ここまでの繁栄を築いてきた現実があるわけです。人をヒトたらしめ、自分という存在をここに成り立たせているものの源泉はじっは肉食にある。そう考えれば、腸との相性が悪いという理由だけで、肉食を否定するのは間違っていることが理解できます。

大事なのは、何事にもプラス面とマイナス面があるということです。脳を肥大化させ、知恵を身につけたことで人は繁栄を手に入れましたが、逆に脳が大きくなりすぎることで動物としての感覚を後退させてしまいました。肉食が、ヒトを頭でっかちにさせてきた面もあるのです。

とは言っても肉食で進化してきた人間

もっとも、腸と相性のいいはずの植物も、白砂糖のように精製して自然な状態から遠ざけてしまうと、相性がどんどん悪くなっていきます。すぐにエネルギーに変換される分、脳が喜ぶ形になっていきますが、それは決して「体にいいこと」ではないでしょう。

「肉」と「精製した糖質(白砂糖、小麦粉)」の組み合わせで思い浮かぶのは、たとえば、ハンバーガー、牛井やカツ井、脂たっぷりのラーメン、そのあとさらに別腹のスイーツ 。現代食は、「脳が喜ぶ食事」のオンパレードなのです。要するに、脳が喜ぶ食事に傾くことで、「腸が喜ぶ食事」がおざなりになっているのです。

肉や卵は喜びのもとになる

免疫力もアップする乳酸菌

腸には特有の免疫システムがある

人間の体にに害を及ぼす異物には、多種多様なものがあり、そこには細菌やウイルス、寄生虫といった病原体をはじめ、移植された臓器や血液、体内で発生したガン細胞も含まれます。
免疫系は、体に有用な栄養素や腸内細菌と異物となる有害な物質とを瞬時に見分け、異物のみを排除する超高等なシステムになています。
そのシステムを動かすためのセンサーが敏感になりすぎて、花粉・カビ・ダニ・チリなど、日常にありふれた物質に過剰に反応するのがアレルギー症状です。
そうした異物がもっとも侵入しやすいのが、実は腸なのです。そのため腸管には、特有の免疫システムが備わっており、免疫系のなかでも要というべきリンパ球の約60% が、腸管に存在しています。腸は「人体最大の免疫器官」と言ってもいいでしょう。

昨年、小学校で毎日R1ヨーグルトを食べたところ、風邪やインフルエンザにかかる児童が急激に減少したことで話題になりましたが、これは、ヨーグルトによる乳酸菌が腸内環境を改善したことが免疫力を高めた証明になりました。

腸は、臓器としてもっとも古い歴史があります。原始的な腔腸動物のヒドラには、口と腸だけの生物です。そこから始まって、進化の過程でほかの臓器も生まれたのです。
リンパ球には、骨髄でつくられるB細胞や胸腺でつくられるT細胞などの種類がありますが、骨髄も胸腺も、生物が上陸してから誕生した臓器です。つまり、免疫系もすべて腸から始まっていて、腸はリンパ球の発生母体でもあるわけです。ですから腸管免疫は、進化の初期段階で成立した「古い免疫」であるといえます。それに対して胸腺や牌臓の免疫システムは、進化の過程で必要が生じたり、新種のウイルスに対応するために発達した「新しい免疫」といえるでしょう。そして免疫力の本質は、古い免疫のほうにあります。
というのも、病気の発生や治癒といった根源的な部分での生体防御は古い免疫が役目を果たしているのです。
それに、新しい免疫は、私たちの体を生涯を通じては守ってくれません。若いときには胸腺由来丁細胞が大量につくり出され、活発にはたらきますが、20歳前にそのピークを迎えたあとは減少する一方です。反対に、腸などでつくられる胸腺外分化丁細胞は、息が長いのが特徴です。うまくできたもので、腸のリンパ球に閲しては、加齢で弱まることがありません。そして、胸腺の機能が極端に低下する中年以降になると、それまで陰に隠れていた腸管免疫が中心となってはたらき始めるのです。

腸は免疫のバランスをを担う臓器

専門的になりますが、腸管免疫系のなかでも、特に重要な役割を担うのがバイエル板という免疫細胞の集合体です。免疫システムの最前線であるマクロファージや、T細胞、B細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞といった各種のリンパ球がここに集まっています。バイエル板を覆う腸管上皮には、通常の上皮とは異なる、絨毛の発達していない陥没した箇所があり、それは、その形からM細胞と呼ばれています。
M細胞の重大な仕事は、腸管内の抗原を積極的に取り込んでは、下に控えるT細胞に知らせること。するとT細胞がその情報を携えて全身をめぐり、B細胞に抗体を産生するよう指示を出すなどして、侵入物質から体を防衛します。
T細胞は、血液やリンパ液の流れに乗って全身を駆け巡っていますが、そのままでは完全ではありません。というのも、免疫細胞は、必要に応じて当該地点に移動して初めて、その機能を発揮するものなのです。
ところがT細胞は、抗原の情報を獲得して活性化されない限り、リンパ系器官以外の組織に入り込むことができません。抗原と出合い、自在な行動力を得てパワーアップし、ようやくメッセンジャー役を完結できるという仕組みです。

つまり、全身の健康を維持するうえで、T細胞の行動力を高めておくことは有効であり、そのためには、バイエル板を活性させることが不可欠だということです。

乳酸菌はリンパ球も増加させる

腸内のバランスを整える働きをするのが、腸内細菌です。特に乳酸菌類にはThl細胞を誘導する作用があり、Thlを増やそうとはたらきかけます。その結果、Th2が制御され、アレルギー症状の媛和を促してくれるのです。乳酸菌を摂取することで種々のアレルギー症状が改善されます。

生きた乳酸菌が腸までしっかり届く!さらにパワーアップした『乳酸菌革命』

腸内の乳酸菌が少ない場合は?

健康、美しさの重要ポイントは腸内環境が決める

腸内細菌は、非常にデリケート。生活環境の乱れやタバコ、アルコール、薬品といった、外的要因による腸内環境の悪化、また、便秘やストレス、間違った食習慣などが原因で、すぐにバランスを崩してしまいます。肌に吹き出物や肌荒れが生じるのは、こうした腸内環境が乱れている場合です。
しかし、それ以上に深刻なのは、老化によるバランスの乱れです。加齢により免疫力が低下するのと連鎖して、腸内細菌も変化します。人の細胞は、1 日に1 兆個のペースで再生を繰り返しているといわれますが、この細胞の再生力が低下してそのリズムが狂ってしまうためです。

腸内細菌とその主となる人間は、共生関係にあり、相互に作用しあっていますから、免疫力の衰えと腸内細菌フローラの乱れは、どちらが因でどちらが果であるかははっきりしません。老化による腸内細菌フローラの乱れとは、乳酸菌などの善玉菌が徐々に減少して、悪玉菌が優位となた状態です。そうなると、腸自体にトラブルが発生するのはもちろん、免疫力の低下によって風邪やアレルギーなどの痛気を起こしやすくなります。
自然治癒力も弱ってしまうため、なかなか回復しないままま、悪循環に拍車がかかり体のあちこちに害を及ぼし、結果的に全身の老化を早める、という悪循環に陥ってしまうのです。

乳酸菌は快便だけのためのものではない

便秘解消や美容効果だけが、乳酸菌の役目だと思っている人も少なくありません。目に見える効果としてはその程度かもしれませんが、本来の乳酸菌の活躍はそれだけではありません。もっと大切なことを、生命活動のなかで行っています。体の恒常性維持のために、次のような重要なはたらきをしているのです。

  1. 悪玉菌のを抑制したり、病原菌が腸内へ侵入するのを防ぐなど、腸内細菌フローラの安定性維持に腸内の食物の消化・吸収・代謝活動を助けたり、ミネラルの冊収収や排出をコントロール
  2. 腸内の酸性度合いを一定に保つことで腸内腐敗を抑え、下痢や便秘を防ぎ、有害物質や病原菌の増殖を抑える
  3. ビタミンB群、ニコテン酸、ビオチン、葉酸といったビタミン頬のほか、副腎皮質ホルモンや女性ホルモンなどのホルモンの合成の補助作業
  4. 大食細胞( マクロファージ) やNK細胞(ナチュラルキラー細胞)といった、免疫システムに関する白血球を活性化させるなど、免疫系の機能を高めてウィルスなどから体を防御
  5. ウイルスなどの異物の侵入を所定の細胞に知らせて、ウイルスの増殖や病気の発症を食い止める「インターフェロン」をつくり出す能力を高める

ほかにも、抗生物質の投与時や治療後に、乳酸菌製剤を合わせて摂ることの効用も確認されています。抗生物質は病原菌を抑えこみますが、有用菌まで退治してしまうことが少なくありません。それを補うために、乳酸菌が有勒な働きをします。
また、アレルギー症状をもつ子どもの腸内には、乳酸菌が少ないという報告もあります。

乳酸菌が減少すると、トラブルが急増する

それほど、腸内の乳酸菌(善玉菌) を優勢にしておくことは健康維持のために欠かせないのです。しかし、不安定でなかなか良好な状態を維持できない腸内細菌のバランスは、環境の微妙な変化や些細な原因ですぐに崩れてしまいます。乳酸菌が減ると、それまで抑えつけられていた悪玉菌がにわかに増殖し、活発に暴れ始めます。
それは、腸の老化に直結します。では、乳酸菌が減少して老けた腸を放っておいたら、一体どうなってしまうのでしょうか?

消化吸収力の低下

乳酸菌は、腸内で糖分を消費して乳酸菌や酢酸を生成します。乳酸菌が生成する乳酸や酢酸は、消化吸収を助けます。たとえば、カルシウムは乳酸を結合して乳酸カルシウムとなると、体内への吸収率が高まります。

腸内腐敗

乳酸菌は、悪玉菌の増殖を抑えるはたらきをしていますが、これがなくなると、腸内の腐敗が進み、硫化水素やアンモニアなどの毒素が発生し、それが全身へとまわってしまいます。口臭の原因にもなります。

免疫力低下

腸内の免疫細胞のはたらきをコントロールするのも、乳酸菌の重大な役目。乳酸菌が減ると免疫細胞の機能が低下したり判断力が正常に行われなくなり、過剰反応や健全な細胞の攻撃というトラブルを起こします。

ビタミン不足

細胞の新陳代謝に不可欠なビタミンB群を腸内で合成しているのも乳酸菌。ビタミンB不足は代謝をとどこおらせ、皮膚や粘膜の組織の悪化、たとえば、シミの増加や抵抗力の減退につながります。

ホルモンの乱れ

神経伝達物質であるセロトニンをはじめとして、腸内では多くのホルモンがつくられます。乳酸菌が少ない状態ではそのホルモンバランスにも乱れが生じ、トラブルとなります。

病原菌に感染

外部から侵入する病原菌の多くは、乳酸菌がブロックして体を守ります。このガード役がいないと、病原菌は腸内で好き放題に繁殖し、それが風邪や食中毒などの感染症につながります。

腸のぜん動運動

便意を感じたり、スムーズに排便できるのは、腸がぜん動運動をして便を肛門まで運搬しているためです。このぜん動運動を活発にするため、腸に刺激を与えているのが乳酸菌なのです。ですから、乳酸菌の不足は、ぜん動運動を鈍らせ、便秘や腸内の汚れの引き金となります。こうしたトラブルが老化を早め、肌荒れ、便秘、花粉症、アトピー、肥満などを引き起こしたり、さらにひどくなると、肝機能障害、糖尿痛、心筋梗塞、脳梗塞、ガンなどの重症の病気へと発展します。
腸内の乳酸菌がいかに大切でまた、体の重要な役割を担っているかがわかります。

生きた乳酸菌が腸までしっかり届く!さらにパワーアップした『乳酸菌革命』